本を作ろう
ホーム 自費出版 自己出版  掲示板  公募ネコ
自分の本を出版したい。

 自分の作品集を作りたい文章サークルで同人誌を作りたい。句集、自分史、写真集を作りたい。でも費用は…… 
 
 一冊ぐらい自分の本を出版したい。自己満足でもいいから自分の本を持ちたい。でも……。

 出版社に知り合いはいないし。自費出版は高そうだし。自分で作るといっても方法が……。

 今は、
オンデマンド印刷の品質が良くなり、従来のオフセット印刷に比べて、費用をかけなくても、
 本屋の棚に並んでいるような本が自分で作れるようになりました。

 費用のない方は費用のないなりに、お金の心配がない人はお金をかけて、
 表紙も含めて全部自分でやりたい人は自分一人で、全ておまかせしたい人はお任せで。
 いろいろな出版の形が利用できるようになっています。

 ここでは
自分の本を持つための情報をまとめてお伝えします。

出版の種類

@企画出版

 いわゆる、商業出版です。出版社が費用を全て持ち、著者は無料で出版する形を商業出版と読んでいるようです。出版する方法としては、

 1.原稿を出版社に持ち込む。
 2.公募に入選する。
 3.企画を売り込む。

   などが一般的です。

 1.出版社へのリンクを貼っておきますが、どの出版社も原稿を受け付けてはいますが、採用される確率は低いようです。

 2.公募情報(公募ネコ)を参考に頑張ってください、としか言えません。

 3.参考に企画を募集しているサイトを貼っておきます。

 企画出版、商業出版と言っていますが、費用の半分を著者持ち、実費は著者持ちとか、いう話を良く聞きます。今は、出版不況で、なかなか厳しいようです。

A自費出版
 
 出版までの全ての費用を著者が負担する形です。費用は、出版社によってさまざまです。
 出版社にレイアウトから校正までまかせるケースと自分で校正を済ませるケースでは費用は全く異なります。
 
 例えば、原稿をWordで作成し、自分で校正すれば、100冊、20万円ほどで書店に並んでいるような本が作れます。
文章サークルの作品集や、俳句や短歌の作品集などには、オススメです。

 ただし、書店に流通させるのは難しいと思います。書店に流通させたい。ということになると、費用は100万円以上はかかると思ったほうがよさそうです。


 さらに詳しい自費出版の説明はこちら

B自己出版

 出版社は著者の原稿をレイアウトし校正して印刷会社に渡して本の形にします。さらに表紙や本カバーをデザインして作成します。
 
 これら全てを自分で行い、自分で印刷会社に渡して本を作ることを自己出版と呼ぶことにします。
 
 そして、最終的には書籍コードを取得し、アマゾンのようなネット書店で販売することを目標とします。

 
費用は、100部、3万円安すぎる?いえいえ私が参加している文章サークルでは実際にこの費用で作品集を作っています。

 
自己出版の詳細はこちらをお読みください
<姉妹サイト>
公募ネコ
副業ネコ
自分で年金