自費出版ガイド
                        体験的な自費出版ガイド、Q&Aサイト
基礎知識 出版までの流れ 自費出版リンク集 Q&A 公募猫へ

<初めに>
自分の小説やビジネス書を出版したい、自分の本を持ってみたい、というのは、多くの人の考える事だと思います。以前は、本を出す、出版するというのは、出版社に認められた、ごく少数の人に許された事で、普通の人には、難しいことだと思われてきました。今でも、多くの人は、自分史や趣味の本といった、ごく私的な本は作ることができても、図書館に入ったり、書店で売られているような、値段のついた本を出版するのは、出版社の許しがなくてはできない事のように思っています。

しかしながら、実際には、書店や図書館の棚には、大手出版社の本と同時に、個人で自費出版された本も数多く並んでいます。今は、比較的簡便に自費出版ができるようになり、そして、自費出版の中からもベストセラーがでるようになっています。自費出版する原稿を積極的に募集する出版社も増え、自費出版の広告もよく目に付くようになりました。同時に自費出版を巡るトラブルも増えてきているようです。

このサイトでは、個人的に自費出版した経験から、出版社の側からではなく、利用者の立場から、自費出版に関する情報を提供いたします。かつて、本を出すこと(広く言えば、自分の考えを世の中に出すこと)は、一部出版社やメディアの側に選ぶ権利がありました。自分がいくら自分の本を出版したくても、出版社が許してくれなければ、一般に流通することはありませんでした。今は、誰でも自由に、少々のお金と意志があれば、自分の本を出版できる時代になっています。そして、取次店を通して、一般の書店や公共図書館に自分の本を売り込むことができるようになりました。また、書籍の形ではなく、インターネット上で電子書籍という形でも、世の中の人に自分の本(考え)を広めることもできます。多分、これらのことは、人類史上初めてのことかもしれません。

個人的な話ですが、私は、現在、小説サークルで小説を書いています。今までは、年に1回、同人誌を作って(製本)いました。費用を計算してみると、自費出版をする費用とあまり変わりません。そこで、次回は短編集として、同人誌を自費出版してみようと考えています。そして、いろいろな図書館に無理矢理寄贈しようかと考えています。
<目次>
@.自費出版とは:自費出版の基礎的な知識です。

  1.自費出版の種類
  2.書店流通の仕組み
  3.自費出版にかかる費用
  
A.本が出版されるまで:原稿作成から出版までの流れとタイムスケジュール

  1.準備
  2.出版社の選定
  3.見積もり
  4.契約
  5.原稿作成・入稿・校正
 
B.出版された後:出版された後に起こること。

C.Q&A:よくある疑問・質問など

D.自費出版リンク集:自費出版の情報サイト、参考書籍など。

E.自費出版体験記:(準備中)

*自費出版の費用を自分で稼ごう。ネットで副業の手引き