本を作ろう
ホーム 自費出版 自己出版  掲示板  公募ネコ
本を作ろう自費出版5.原稿の入稿・校正
<姉妹サイト>
公募ネコ
副業ネコ
 原稿の入稿
出版社を決め、契約を交わした後は、いよいよ本作りに向けて、原稿を入稿し、校正を行います。契約後、出版社から原稿に関して、具体的な要求がきます。例えば、小説でしたら、「後半をもう少しふくらましたらどうか」「時間経過に食い違いがある」「人間関係がおかしい」など、内容に関するものや、資料の出典などの確認、データの正誤、さらには、「原稿は、ワードかテキストの形式にして、メールに添付して送って欲しい」とか、様々です。

イラストの有無や表紙、本のカバーなどは、契約の際に決めているはずですが、文字の大きさや、フォントのタイプ(明朝体かゴシック体かなど)、余白の取り方、章立など、あらためて、原稿を本にするとなると、いろいろ考えることが出てきます。あらかじめ、手本にする本を決めておくと、作業がスムーズに運ぶと思います。

校正
原稿を入稿すると、出版社から、初稿が送られてきます。これは、通常、本の形ではなく、ゲラ刷りが一般的です。本と同じ文字で余白なども本と同じなので、予想していた本の形(印象)と違うときには、遠慮せずに出版社に質問をしましょう。出版社とのトラブルは、期待していた本と出版された本との違いに関する物が多いそうです。時間が経つにつれて、修正は困難になりますから、初稿が送られてきた段階で、疑問や不安を感じたら、どんな細かい点も、はっきりさせて置きましょう。

出版する側からすると、入稿したら、すぐに、ゲラが送られてくるような気になりますが、出版社では、入稿された原稿をもとに、手書き原稿ならば、入力しますし、ワープロ原稿でも、出版社が使用している機種にデータを変換し、フォントや体裁を整えます。そして、社内で校正し、校正に基づいて訂正した後、著者にゲラ刷りを送ります。

送られてきたゲラ刷りを校正するわけですが、結構面倒な作業になります。枚数が多ければ多いほど、もういいやになりがちです。それでも、自分の本ですから、内容も含めてしっかり校正したいものです。契約にも明記されているはずですが、校正の最終責任は著書になりますので、面倒でも細かく校正しましょう。

出版・納入:
校正が終了すると、いよいよ出版になります。出版社から、具体的な出版の日が通知され、本が出来上がってくるのを待ちます。出版当日、献本が送られて来ます。宅急便で100冊来ると、ちょっとびっくりします。開けてみて、自分の本を見ると、なんとなく嬉しいような気分にもなりますし、一冊も売れなかったら、と不安にもなります。

タイムスケジュール
契約から出版まで、通常、4ヶ月〜6ヶ月程度かかります。著者校正が最低2回、表紙やイラストの検討や内容の追加・訂正などが加わるとさらに時間がかかります。最終校正が終わり、表紙のデザインも全て決まり、印刷・製本にかかりますが、そこからでも、出版までは1ヶ月程度かかります。出版社を選び、原稿を送った日から、数えて、出版まで、順調に行って、最低半年はかかるようです。

ただし、インターネットで、完成原稿を送り、表紙は既製のものを使い、校正なども全て自分で行うケースですと、最短で一ヶ月程度で仕上がる物もあります。
4.契約<<5.原稿作成・入稿・校正