本を作ろう
ホーム 自費出版 自己出版  掲示板  公募ネコ
本を作ろう自費出版4.契約
<姉妹サイト>
公募ネコ
副業ネコ
見積もりが送られてきて、内容に納得できれば、次ぎに契約になります。正式な契約を交わし、お金が納入されてから、実際の作業を始めるのが一般的です。出版契約書は出版社によって、違いがあるでしょうが、ここでは、実際に締結した契約書を参考にあげておきます。
出版契約書の例
   著者名(本名):
   ペンネームを用いる人は、ペンネームを記します。

著作物の題名
   本の題名を決めます。

出版権の設定

   出版社が著作物の出版権を有すること。

出版権の存続期間

   出版権の有効期間の設定。

排他的使用

   他の出版社に出版させることはできない。

内容の責任

   著作物の内容が他人の著作権や権利を侵害していないこと。権利侵害による損害は著者が全ての責任を負う。
校正の責任
   校正の最終責任は著者が負うこと。

検収基準

   本の完成品の検収基準は出版社が決定する。

増刷の通知義務

   増刷の必要が有るときには、事前に著者に通知すること。

定価・造本・部数の変更など:

   出版社が定価・造本・発行部数・宣伝・販売方法を決定する。ただし、初版分については、合意したとおりとする。
著作権使用料(印税)
    印税の計算式(売り上げの10%など)。

二次的使用:
  
 二次的使用(上演・翻訳・放送など)に関して処理を出版社に委託し、手数料を支払う。

出版権消滅後の頒布

   出版権消滅後も出版社は本を頒布できること。

著作権または出版権の譲渡
   著作権または出版権を他人に譲渡するときには、双方に通知しなくてはならない。

契約の有効期限:
   
有効期限について。(初版発行日より3年など)

契約内容の更新

   双方協議の上、決定する。

契約の解除

   いづれかが、契約に違反をしたときには、解除できる。

合意管轄裁判所

   紛争が生じた場合、東京都内の裁判所を管轄裁判所とする。およそ、契約の条項は以上のようになります。契約の時には、なかなか冷静になれないかもしれませんが、しっかり読んでおいたほうが、何かあった時に、安心です。

3.見積もり<<4.契約>>5.原稿作成・入稿・校正