本を作ろう
ホーム 自費出版 自己出版  掲示板  公募ネコ
自己出版
<姉妹サイト>
公募ネコ
副業ネコ
 出版社を通さずに、自分で本を作ることを「自己出版」と名前をつけました。目標は紙の本を格安で作ることです。 費用は、100冊で5万円。書店で販売されている本と変わらない本を目指しましょう。

 基本的な流れや方法は自費出版と変わりません。出版社に依頼することを自分で行います。

<流れは次のようになります>

 @原稿の準備→A印刷・製本用完成原稿の作成→B印刷・製本の依頼→C試作本完成・最終校正→完成

 @本にしたい原稿を完成します。自己出版では、出版社が助けてくれません。校正も自分で丁寧に行います。

 A完成原稿とは、市販の本と同じ体裁で作成します。用紙サイズ(文庫、新書、A6など)、フォントサイズ、余白などです。
   完成原稿は通常PDF形式ですので、Wordなどで作成した原稿をPDFで保存します。(PDFで保存、とすれば一発です)
   表紙はWord、PowerPoint、Illustrator、もしくはフリーソフトで作成し、PDFで保存します。
   本カバーが欲しいときには、表紙と同じように作成します。
   一度、やってみると、結構簡単です。

 B印刷・製本業者を選定します。
  おすすめのサイトをあげておきます。


  1.製本直送:わかりやすく、表紙まで簡単に作成できます。一冊も10冊も値段はかわりません。
  2.ちょ古こっ都製本工房:多分最安。数十冊からは、本当に安く、製本はキレイです。
  3.一粒書房:表紙はまかせたい、校正も自信がない、そんな人におすすめ。
  4.お手軽出版:いろいろなケースを簡単に見積もり。格安自費出版。

  5.プレス・トーク:本カバーはここ
 

 C初めに一冊だけ注文して、間違いがないか校正します。

 D必要な冊数だけ注文します。

 いろいろな情報
Amazonで売りたい

 密林社

 いつまで続けるのか心配ですが、なんと無料で書籍コードをつけてAmazonに出品してくれる会社があります。

 Amazonダイレクトパブリッシングなら、電子書籍が無料で作成・販売できます

 電子書籍販売なら、他にも、楽天koboパブーでじたる書房DLマーケットなどなどいろいろあります。

出版者になりたい

 実は、個人でも書籍コードを取得して、出版者として本を出版することは可能です。面倒ですが。

 バーコード屋さん:書籍コードシール作成会社。500枚ぐらいなら10円/一枚です。

 書籍コード取得体験ブログ

 ヨホホ研究所:実体験ブログ